vio脱毛をするときに用意するものや注意点について

vioを脱毛したい人はたくさんいますよね。夏に水着を着たり、彼氏がいたりすると綺麗にしておきたいと思うのは当然ではないでしょうか。ですが、今までに脱毛をしたことがない人は脱毛する前にどんな準備をしたら良いのか分からないと思います。vio脱毛は痛みを伴う部分でもあるのでちょっとでも痛みが少なくなったり、脱毛しやすくしたいですよね。では、vio脱毛で脱毛前に自分で行なう自己処理は何をしたら良いのかを紹介したいと思います。

vioを脱毛するときに事前処理に必要なものとは

では、準備をするものを紹介しますね。まず、準備をするものは鏡です。vioは自分では見えない部分なので鏡があるとやりやすいです。どんな体勢になっても見やすいように、大きめの鏡を準備した方が良いでしょう。そして、他にもちいさなはさみを用意してください。vioはデリケートゾーンなので、大きなハサミだと間違えて皮膚を切ってしまう可能性があるので、小さめの刃先の丸いものを選んでくださいね。そして、最後は電気シェーバーを用意してください。女性用の細かい部分まで剃れるものがベストです。電気シェーバーは産毛などの処理にも使えるので、vio脱毛以外にも持っておくと便利なアイテムなので、ないなら購入するようにしてくださいね。

vioの脱毛の事前処理で気をつけた方が良いポイントとは

Vラインの事前処理はまず小さいはさみでムダ毛を短くカットしていくことからはじめます。毛が長いまま電気シェーバーを使ってしまうと毛が絡まり上手く脱毛できなかったり、肌への負担が大きく肌自体が荒れてしまう可能性があるからです。短くした方が絡まることなくスムーズに毛を剃る事が出来るので最初にハサミで短くしてから電気シェーバーを使う事をおすすめします。ここで、注意ポイントは中にはカミソリの方が手っ取り早いと思い、カミソリで毛をそろうとする人もいるかもしれませんが、カミソリは肌を傷つける可能性が高く、肌の負担も大きいので脱毛の事前処理には使わないほうが良いでしょう。肌に優しく安全性の高い電気シェーバーで毛を剃っていきましょう。

vio脱毛の中でも難しいiラインと0ラインの事前処理の方法

では、難しいiラインの事前処理の仕方を紹介します。まずはハサミで長い毛を切り、すべての毛を短くします。そしたら電気シェーバーで剃っていきます。自分では見えにくい部分なので、大きな鏡を上手に使い、体勢を変えたりして上手に剃っていきましょう。剃り残しがあると上手く脱毛できない可能性があるのでしっかりと電気シェーバーで剃ります。iラインを脱毛するときは電気シェーバーを持っていないほうの手を使い、皮膚を外側に引っ張るように剃ると上手に剃れますよ。では、oラインの事前処理についても紹介します。0ラインは肛門のまわりの毛から剃っていきお尻の曲線に沿って外側から内側へ剃って行くと上手に剃る事が出来ます。この部分も自分で見ることが出来ない部分でさらに鏡でも見にくい場所になるので体勢を変えながら自己処理をしてくださいね。

vio脱毛をするときは事前処理を必ずする事

このようにvio脱毛をするときは必ず事前処理が必要になることが分かったのではないでしょうか。毛を全て剃るということはなかなか難しいですよね。まして、vioは自分では見れない部分なので慎重にケガをしないように行う必要があります。ですが、脱毛をするには必ず行わないといけないので、しっかりと剃っていきましょう。また、行うときは広い場所を用意して大きな鏡できちんと見えるようにゆっくりと処理をしていくことが大切です。間違って皮膚を切ってケガをしないように丁寧に行ってくださいね。